実用新案

実用新案登録 第3006450号

 登録年月日  平成6年11月2日
 考案の名称  透明ポリ塩化ビニル樹脂鏡面のノンタック処理シート

 

 

実用新案登録 第3046452号

 登録年月日  平成9年12月10日
 考案の名称  粘着性フッ素樹脂テープ                【下記参照】

 

 

実用新案登録 第3056731号

 登録年月日  平成10年12月2日
 考案の名称  表面ポリエチレン加工と裏面ノンスリップ加工のテーブルクロス

 

 

 
実用新案登録 第3046452号
 
【 業界初!もっとも薄いフッ素テープ 】
 

すぐれた耐熱性と耐汚染性


どんな場所に貼ってものり残りはしない


フィルムが0.021㎜ 粘着剤が0.009㎜

テープの総厚みは0.03㎜


そして名称は “ テープ21 ” と名付けました

耐熱性 200℃以上の高熱でバツグンな粘着力を発揮します
耐候性 紫外線や湿気など極端な温度差の状況で長期間使用してもほとんど影響を受けません
耐薬品性 溶剤や油でも表面は絶対に犯されません
耐汚染性 ついた汚れを拭くと素早く落ちてお手入れが簡単です
さらにガンコな汚れには中性洗剤や溶剤を使うと問題なく汚れが落ちます
耐水性 水の中に入れても全く剥がれません
再剥離性 テープの表面にベタベタした粘着物がくっつきません
凝集力性

テープを剥がしても粘着のりは被着面に残りません

耐熱性なので高温状態でものり残りはしません

高機能性 ツヤ消しの表面でサラッと滑りやすい
薄さ0.03㎜でテープを貼った段差を感じない
テープの表面に文字が書ける
重ね貼りができる

 

【 品質検査記録 】                             (弊社調べ)
 

■耐熱性テスト

【テスト方法】

SUS板にテープを貼りオーブンで200℃に加熱


【結果】

A・B・C・Dのテープは変化なく剥がれなかったが、E・Fの他社製テープは、全体的にめくれてしまった

■のり凝集性テスト


【テスト方法】

図2と図3の様に引っ張りはがしのり残りを調べる


【結果】

常温状態(表面温度25℃)

ではのり残りしなかった

加熱状態(表面温度200℃)ではのり残りしなかった
凍結状態(表面温度-5℃)

ではのり残りしなかった

 

■粘着力強度テスト

【テスト方法】
引張試験機ショッパーにて

180度のピーリング落下測定する

 

【結果】
常温測定…300g 
※加熱後及び凍結後の測定

では変化はみられなかった

■耐水性(浸水)テスト

【テスト方法】
SUS板に貼り付け後に水中

へ投入して剥離を観察する

【結果】
24時間後にのり面の白化現象はみられなかった

■耐薬品・耐汚染性テスト

【テスト方法】
テープ表面に汚染性の強い液体を塗布して経時的に変化を観察する


【結果】
24時間後の伸縮、汚染、

変色、臭気等の変化は

見られなかった
※加工品に使用されている

フイルム表面はフッ素樹脂

(ETFE)100%によるもので如何なる時も表面性能は変わりません

■テープ厚みテスト

【テスト方法】
①ダイアル シィックネス ゲージで厚みを測定する
②テープの加工時に粘着剤の塗工量より算出する

 

【結果】
0.03㎜±0.005㎜